永久脱毛の施術前後の注意点について

脱毛エステでは

脱毛エステでの永久脱毛を希望する女性は少なくありません。通常、脱毛エステでは光脱毛という方法を採用しています。脱毛行為自体はエステティシャンが行いますが、施術を受ける側にも実は守るべき注意点があるのです。

光脱毛とは、毛のメラニンに反応する光を照射し、毛母細胞にダメージを与え、毛を生えにくくする方法です。ターゲットは毛母細胞ですが、肌への多少の影響は否めません。照射後の肌はいわば軽い火傷状態になっていると考えてください。

そういった状態でしてはいけないことがいくつかあるのです。 まず、前後の飲酒がNGです。飲酒をすると体温が上がります。すると、肌が赤くなったり痒みが発生したり、腫れたりする可能性があるためです。体温が高い状態での施術もNGなので、施術前後24時間の飲酒は避けたほうがいいでしょう。

また、体温が上がる原因となる運動もNGです。激しい運動をすると、体温が上がり肌トラブルの元になります。それに、汗もよくありません。雑菌が入り、炎症を起こす可能性もあるので施術後の運動もNGです。 それに、施術後の入浴もNGです。湯船につかるのはNGですが、ぬるま湯のシャワーならオーケーです。

ただ、照射部分はシャワーを軽くかけるだけにとどめてください。 それに加えて、日焼けもNGです。照射後の肌は敏感になっています。紫外線をそのまま浴びると、シミなどの原因となるので、日傘やUVカットの上着などを着用しましょう。

このように、光脱毛には自分で守るべき点があります。これらの注意点を守って始めて、効果的な光脱毛が可能となるのです。

スムーズに予約をとるなら 脱毛エステナビは必見!