脱毛の前に注意しておきたい日焼け

医療レーザーよりも肌に優しく

最近人気の脱毛エステ。そんな脱毛エステで行われているのが光脱毛です。メラニンにのみ反応する光を照射し、毛母細胞にダメージを与える方法の光脱毛。医療レーザーよりも肌に優しく、しかも肌を活性化し、美肌にもなれると人気な光脱毛ですが、施術を受ける際の注意点があるのです。

それは、日焼けです。日に焼けると肌にメラニン色素が大量発生します。光脱毛の光は、毛だけでなく肌のメラニン色素にも反応してしまいます。そのまま照射をすると、痛みが発生したり、火傷の恐れがあるのです。

そこで、光脱毛にとりかかると決めたなら、脱毛が完了するまでの期間の日焼けには注意する必要があるのです。 最近では、小麦色の健康的な肌に憧れて、自ら肌を焼く女性はあまりいないと思います。日焼けはシミやソバカス、シワなど肌の老化現象を促進させることがわかったからです。

そこで、日差しの強い夏場などにはUVクリームや帽子、上着などを利用して紫外線対策をすることが常識となっています。 しかし、気をつけるべき注意点があります。夏場の強い日差しを防ぐのはもちろん大切ですが、実は夏よりも春の方が肌に有害な紫外線は強いのです。

つまり、夏場だけでなく一年中紫外線対策をする必要があるのです。 特に、脱毛期間は、肌が通常よりも敏感になっています。つまり、通常よりも紫外線の影響を受けやすい肌の状態なので、シミやシワができやすいのです。浴びすぎると肌に有害な紫外線。脱毛中は特に気をつけて、ムダ毛のない白い肌を目指しましょう。