脱毛法によってはほくろに注意

脱毛法によって

ムダ毛の処理はクリニックや皮膚科をはじめ脱毛サロンやエステでできます。しかし脱毛法によってほくろがある部位には注意が必要です。医療機関において資格を持った医師や看護士が診断から施術まで行う医療レーザー脱毛は、黒色だけに集中して出力を高めて熱を与え毛のサイクルを止めることができる高い効果があります。

注意点はしかしメラニンによる色素に反応する性質があります。そのためシミなどある部位には注意しなければいけません。レーザー脱毛では日焼けしている人をはじめもともと色素の濃い乳輪まわりは脱毛ができません。

シミのある部位にダメージを受けると、強い痛みを感じたりひどい場合火傷を起こすことがあります。クリニックでは医師が脱毛できる肌の状態なのかを判断するため施術前に診断をします。脱毛しても大丈夫だと判断されればカウンセリング時に念入りに計画を立てます。

光脱毛やフラッシュ脱毛な脱毛サロンやエステでできる脱毛法でもほくろやシミといったメラニンの多い部位には注意点があるため脱毛することができません。このため光脱毛やレーザー脱毛の前にはシミを除去してから行います。

光脱毛やレーザー脱毛と違って、メラニンの濃い部位にできる脱毛法は絶縁針脱毛です。この脱毛法はニードル脱毛や針脱毛など呼ばれています。1つ1つ毛穴に針を刺して電気を流し、毛根に直接ダメージを与え破壊します。

以前トラブルが多かったというデメリットがありましたが、電気針脱毛が登場してからトラブルを起こすことはほとんどありません。しかし毛穴に針を刺すためメラニンの濃い部位を気にせず施術できますが痛みが強く光脱毛よりも時間がかかります。